背景をスクロールさせる

背景のスクロール

2Dゲームの背景の画像をスクロールさせて動いている感を出したい。スクロールはループして、常にぐるぐると動かしたい。

Turtorial - 2D Shooting Game 第06回 背景を作る

このチュートリアルが参考になる。しかし、「MaterialsフォルダにあるBackground-FrontをQuadにドラッグ&ドロップします」とあるのだが、
Background-Frontというマテリアルの作り方に関しては記載がない。というわけで、そのMaterialを自分で作る。

テクスチャの用意

まず、スクロールする画像をUnityのProjectにドラッグアンドドロップして読み込む。このとき、Texture Type が Sprite になっているので、これをTextureにする。そして、Wrap Mode を Repeat にすればOK。下記画像を参照。

Texture設定

ただし、このときプラットフォームをAndroidやiOSにしていると、「Graphics device doesn’t support Repeat wrap mode on NPOT textures.」と表示される。画像がNPOT(2の累乗のサイズ)じゃないので、Repeatにできないらしい。
仕方ないので、画像を 512 x 32 とか 256 x 128 とか、2の累乗のサイズにする。

マテリアルの作成

次に、Project の Create から Material を選択し、Material を作る。このMaterialに上記で作成したTextureを貼る。
そして、Material の Shader を 「Unlit / Transparent」 にすればOK。
あとは、例のチュートリアル通りでできた。

確認バージョン

Unity 4.5

Unityカテゴリの記事
History Inspectorの紹介
敵AIとビジュアルスクリプティング
Chronosを使った感想
コンポーネントの順番をスクリプトから並び替える
Smart Inspectorの紹介
Kris' Favorite Assets が便利
キー操作でUIのナビゲーションをループさせる
TextMeshProのSprite Assetを更新する
UnityPhysicsDebugDraw2D が便利
色管理を考える
細かいTips
ビルドスクリプトを書く
AnimatorのCulling Modeでハマった話
Vectrosityを使ってUGUI上で線や円のアニメーションをする
スプレッドシートからjsonデータを読み込む
ビジュアルノベルアセットFungusにコマンドを追加してカスタマイズする
Skinned Mesh Renderer の Boundsについて
シーンごとにビルド結果の容量を出す
シーンビューにクオリティ設定のスライダーを出すエディタ拡張
ビルド結果のFile headersが大きい理由
フリーのビジュアルノベルアセットFungusを使ってRPGのイベントを作る
Move To View を改良する
フリーのビジュアルノベルアセットのFungusが便利
Visual Studio で保存時にフォーマットする
スプレッドシートからデータを読み込む
Easy Save2 で シリアライズされたクラスを保存する
ShaderでSpriteの色相をシフトする
Sprite、Texture の 色相をシフトする
uGUIのButtonをクリック時にハイライトのままになる
uGUIのCanvas Groupを使って透過処理をしたり、操作を制限する
自作のコンフィグ画面に必要なもの
uGUIでトグルなボタンを作る
uGUI で動的にボタンを作る
Easy Save2 を使ってみる
csv読み込んで ローカライズ
LoadLevelAdditive で共通シーンを加算
画面全体に色をかける
Any State でどこからでも遷移できるようにする
iTween のStop ではまる
sprite の multiple で 境界がおかしくなる
2D画面に線を引く Line Renderer
Renderer の Materials を スクリプトから設定する