Sprite、Texture の 色相をシフトする

はじめに

Spriteの画像の色相をシフトしたい。下図のように色相をずらせば、一つの画像でいろいろできる。Sprite RendererにデフォルトにあるColorは色を重ねるだけで、色相を変えるわけではない。また、そういった機能も見当たらないので実装してみることとした。
ちなみに英語では hue shift というので、検索するときはそれが有効です。

色相をずらした画像

Sprite内の指定したpixel座標の色を取得する

まずはSprite に対して、指定したpixel座標の色を取得したいと思う。SpriteはTexture2Dを持っているので、以下のようにGetPixelで取得できるはず。

1
2
3
Sprite sprite = GetComponent<SpriteRenderer>().sprite;
Texture2D tex2d = sprite.texture;
print(tex2d.GetPixel(10, 10));

が、ダメ。readable でないとエラーが出る。
「UnityException: Texture ‘xxxx’ is not readable, the texture memory can not be accessed from scripts. You can make the texture readable in the Texture Import Settings.」

どうやらインポートした画像の設定を変更する必要があるようだ。下図のように Texture Type を Advanced に変更すると、Read/Write Enabled が出現するのでこれにチェックする。

Texture Type = Advanced

これで再度実行すると色が取得できる。

SetPixelで色を変更する

getができたのでsetで色を変更する。試しに透明じゃない場所を白くしてみる。以下のようなコードを実行した。

1
2
3
4
5
6
7
8
Sprite sprite = GetComponent<SpriteRenderer>().sprite;
Texture2D tex2d = sprite.texture;
Color[] pixels = tex2d.GetPixels();
for (int i = 0; i < pixels.Length; i++){
if (pixels[i].a == 1) pixels[i] = Color.white; //透明じゃなかったら、白にする
}
tex2d.SetPixels(pixels);
tex2d.Apply();

結果が以下。一見、できているように見える。しかし、これ、実行を解除してもシーンビューで白いままになってしまい、戻らない。一度Unityを立ち上げ直すと戻るが・・・。

透明ピクセルを白く

さらにこのやり方だと同じSprite画像を持つオブジェクトにも反映されてしまう。どうやら、GlobalにTextureの色を書き換えてしまうようだ。

すべてのSprite画像が白くなる

新しいTexture2Dを作って適用

上記の問題を解決するためには、以下が参考になる。
SetPixel on a sprite texture without changing it globally

新しいTexture2Dを生成してそれを適用した新しいSpriteを作るということだ。SpriteのTexture2Dは置き換えることができないので、SpriteRendererのSpriteを置き換えなければならない。以下のようにソースを修正。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
Sprite sprite = GetComponent<SpriteRenderer>().sprite;
Texture2D tex2d = sprite.texture;
Color[] pixels = tex2d.GetPixels();
for (int i = 0; i < pixels.Length; i++){
if (pixels[i].a == 1) pixels[i] = Color.white;
}

Texture2D newTex = (Texture2D)GameObject.Instantiate(tex2d);
newTex.SetPixels(pixels);
newTex.Apply();
GetComponent<SpriteRenderer>().sprite = Sprite.Create(newTex, sprite.rect, new Vector2(0.5f, 0.5f), sprite.pixelsPerUnit);

これでとりあえず上記の問題は解決できた。

色相を変える

あとは色相を変えるだけのはずだ。まずは、RGBからHSLに変換する必要がある。
Color conversionにおいて配布されているHSLColorを使用する。
先のコード内のfor文を以下のように置き換える。

1
2
3
4
5
for (int i = 0; i < pixels.Length; i++){
HSLColor hsl = HSLColor.FromRGBA(pixels[i]);
hsl.h += 180; //180度、色相をずらす.
pixels[i] = hsl.ToRGBA();
}

これで、冒頭で示した以下の画像が出力できたのであった。

色相をずらした画像

終わりに

SpriteとTexture2Dを色相をシフトするたびに作りなおしているので、コストかかる行為かも。
シェーダーで実装したバージョンは以下。
ShaderでSpriteの色相をシフトする

確認バージョン

Unity 4.6

Unityカテゴリの記事
History Inspectorの紹介
敵AIとビジュアルスクリプティング
Chronosを使った感想
コンポーネントの順番をスクリプトから並び替える
Smart Inspectorの紹介
Kris' Favorite Assets が便利
キー操作でUIのナビゲーションをループさせる
TextMeshProのSprite Assetを更新する
UnityPhysicsDebugDraw2D が便利
色管理を考える
細かいTips
ビルドスクリプトを書く
AnimatorのCulling Modeでハマった話
Vectrosityを使ってUGUI上で線や円のアニメーションをする
スプレッドシートからjsonデータを読み込む
ビジュアルノベルアセットFungusにコマンドを追加してカスタマイズする
Skinned Mesh Renderer の Boundsについて
シーンごとにビルド結果の容量を出す
シーンビューにクオリティ設定のスライダーを出すエディタ拡張
ビルド結果のFile headersが大きい理由
フリーのビジュアルノベルアセットFungusを使ってRPGのイベントを作る
Move To View を改良する
フリーのビジュアルノベルアセットのFungusが便利
Visual Studio で保存時にフォーマットする
スプレッドシートからデータを読み込む
Easy Save2 で シリアライズされたクラスを保存する
ShaderでSpriteの色相をシフトする
uGUIのButtonをクリック時にハイライトのままになる
uGUIのCanvas Groupを使って透過処理をしたり、操作を制限する
自作のコンフィグ画面に必要なもの
uGUIでトグルなボタンを作る
uGUI で動的にボタンを作る
Easy Save2 を使ってみる
csv読み込んで ローカライズ
LoadLevelAdditive で共通シーンを加算
画面全体に色をかける
Any State でどこからでも遷移できるようにする
iTween のStop ではまる
sprite の multiple で 境界がおかしくなる
2D画面に線を引く Line Renderer
Renderer の Materials を スクリプトから設定する
背景をスクロールさせる