TextMeshProのSprite Assetを更新する

概要

TextMeshProはテキスト中にSpriteを絵文字のように表示する機能があります。
TMP Settingsファイルに予め生成したSprite Assetを設定することによって使えます。
開発途中で使用するSpriteを追加したくなり、Sprite Assetを更新したくなることはあると思います。
しかし、このSprite Assetを更新する方法が少し見つけづらいです。

Sprite Asset の更新

Sprite Asset生成時と同じようにCreate > TextMeshProのメニューからSprite Assetを選択すれば上書きしてファイルが生成されるので、参照を維持したままファイルの更新はできます。
しかし、このままでは正しく読み込めていません。
上書き生成したSprite Assetの右上の歯車メニューからUpdate Sprite Assetを選択する必要があるのです。

Update Sprite Assset

使用バージョン

Unity 2019.4.5
TextMeshPro 2.0.1

参考

TextMesh Pro - Update an existing Sprite Asset

Unityカテゴリの記事
Kris' Favorite Assets が便利
キー操作でUIのナビゲーションをループさせる
UnityPhysicsDebugDraw2D が便利
色管理を考える
Open Recent Scene が便利
細かいTips
ビルドスクリプトを書く
AnimatorのCulling Modeでハマった話
Vectrosityを使ってUGUI上で線や円のアニメーションをする
スプレッドシートからjsonデータを読み込む
ビジュアルノベルアセットFungusにコマンドを追加してカスタマイズする
Skinned Mesh Renderer の Boundsについて
シーンごとにビルド結果の容量を出す
シーンビューにクオリティ設定のスライダーを出すエディタ拡張
ビルド結果のFile headersが大きい理由
フリーのビジュアルノベルアセットFungusを使ってRPGのイベントを作る
Move To View を改良する
フリーのビジュアルノベルアセットのFungusが便利
Visual Studio で保存時にフォーマットする
スプレッドシートからデータを読み込む
Easy Save2 で シリアライズされたクラスを保存する
ShaderでSpriteの色相をシフトする
Sprite、Texture の 色相をシフトする
uGUIのButtonをクリック時にハイライトのままになる
uGUIのCanvas Groupを使って透過処理をしたり、操作を制限する
自作のコンフィグ画面に必要なもの
uGUIでトグルなボタンを作る
uGUI で動的にボタンを作る
Easy Save2 を使ってみる
csv読み込んで ローカライズ
LoadLevelAdditive で共通シーンを加算
画面全体に色をかける
Any State でどこからでも遷移できるようにする
iTween のStop ではまる
sprite の multiple で 境界がおかしくなる
2D画面に線を引く Line Renderer
Renderer の Materials を スクリプトから設定する
背景をスクロールさせる