AnimatorのCulling Modeでハマった話

概要

UnityのAnimatorの設定にCulling Modeというものがあります。
Animatorコンポーネントをつけたときは、Always Animateに設定されており、基本的にいじることはないと思います。
しかし、Asset Storeで購入したアセットによってはこれがCull Update TransformsCull Compltelyに設定されてることがあり、それを認識していなくてハマりました。
これらはカメラに映っていないときでもアニメーションするかどうかの設定です。
カメラに映っていないときにアニメーションを止めれば負荷が抑えられるのでこういった設定があります。

Animator

サンプル

極端な例ですが、Cubeを左右に動かすアニメーションを作ります。

Animation

Always Animateで動かすとこうなります。

一方、Cull Compltelyにすると、カメラ外にCubeが移動するとそこでアニメーションが止まります。

シーンビューとの注意点

さらに注意しないといけない点があり、Cull Compltelyに設定していてもシーンビューに映っていれば、アニメーションが止まらないのです。
これがあるため、条件が複雑になり「たまにアニメーションが動かないことがある?」となり、ハマったという話でした。

確認バージョン

Unity 2018.4.12f1

Unityカテゴリの記事
Smart Inspectorの紹介
コンポーネントの順番をスクリプトから並び替える
Kris' Favorite Assets が便利
キー操作でUIのナビゲーションをループさせる
TextMeshProのSprite Assetを更新する
UnityPhysicsDebugDraw2D が便利
色管理を考える
細かいTips
ビルドスクリプトを書く
Vectrosityを使ってUGUI上で線や円のアニメーションをする
スプレッドシートからjsonデータを読み込む
ビジュアルノベルアセットFungusにコマンドを追加してカスタマイズする
Skinned Mesh Renderer の Boundsについて
シーンごとにビルド結果の容量を出す
シーンビューにクオリティ設定のスライダーを出すエディタ拡張
ビルド結果のFile headersが大きい理由
フリーのビジュアルノベルアセットFungusを使ってRPGのイベントを作る
Move To View を改良する
フリーのビジュアルノベルアセットのFungusが便利
Visual Studio で保存時にフォーマットする
スプレッドシートからデータを読み込む
Easy Save2 で シリアライズされたクラスを保存する
ShaderでSpriteの色相をシフトする
Sprite、Texture の 色相をシフトする
uGUIのButtonをクリック時にハイライトのままになる
uGUIのCanvas Groupを使って透過処理をしたり、操作を制限する
自作のコンフィグ画面に必要なもの
uGUIでトグルなボタンを作る
uGUI で動的にボタンを作る
Easy Save2 を使ってみる
csv読み込んで ローカライズ
LoadLevelAdditive で共通シーンを加算
画面全体に色をかける
Any State でどこからでも遷移できるようにする
iTween のStop ではまる
sprite の multiple で 境界がおかしくなる
2D画面に線を引く Line Renderer
Renderer の Materials を スクリプトから設定する
背景をスクロールさせる